アラサーになると周りの女性がやたらと結婚を意識し始めるといいます。

今まで結婚について何も考えていなかった女性に一体何があったのか。

それは加齢というだけではない複雑な心理が隠れているのです。

 

20代と30代では、男性の女性を見る目線が異なる

mote-girl01

20代っていう響きと30歳とでは女性にとってはかなりの違いに感じるのです。

20代であれば、歳を聞かれてもすぐに答えられるし、何と言っても周りがチヤホヤしてくれます。

しかし、30歳にもなれば男性からも当然若いと言ってくれなくなります。

ですから必然的に、モテるのも後輩や年下の女性にシフトチェンジしていきますよね。

そんな時に、そろそろ身を固めた方が良いのかしらと思う事が多いのです。

30という年齢になった時、結婚への意識改革が行われるにはキリの良い数字ともとれます。

また、始めから20代は遊びの年、30からは結婚の年と決めている女性も多くいるのです。

男性目線で言えば、やはり30歳前後の女性と付き合う場合、”結婚”を意識する必要があるのかもしれませんね。

 

女のプライドと周りの環境の変化

girl-nayami

30歳になると、周りからも『30歳だとそろそろ結婚しないの?』と聞かれる事が増えます。

後輩の女の子にお局や結婚しそこねたとか思われたくないという女性のプライドも当然あります。

周りからの圧力も徐々に増えつつある年齢だという事でしょう。

周りの影響はそれだけではありません。

早い女性であれば、もう既に子供がいてもおかしくありません。

周りが次々にゴールインしていき、中には子供も産まれている、と考えると焦りの気持ちから結婚を急に意識するパターンもあります。

また、周りが皆結婚してしまえば、飲みに行く人も遊びに付き合ってくれる人も少なくなります。

30歳という年齢になると、男性が想像している以上に、女性の身の回りの環境が変化しているんです。

 

出産の負担を考える女性も

baby01

30歳となると子供をそろそろ産みたいと考えるのは普通です。

30代になれば妊娠率も低下していきますし、子供、妊婦共にリスクが高まると言われています。

35歳以上の出産は高齢出産になってしまいます。

産後のリスクを考えた時に、そろそろ産まないとチャンスが無くなるかも、と思うのは女性なら当たり前の事です。

また、何人か子供を産みたいと考えている場合や、産んだ後、子供の育児には体力がいる事を気にすれば、結婚をすっ飛ばして出産をも考える年でもあるのです。

逆算すれば子供が幼稚園に通うほどの年齢であれば順当にいっても30代後半になります。

兄弟が欲しいのならば、立て続けに妊娠しなければ、という気持ちもあり、結婚への希望がふくらむのです。

また、経済的に余裕も出てくる年代ですので、家を買うなどの具体的な話が出てきやすい時です。

そんな時に彼氏がいれば、結婚についての話が出てくるのは自然の流れとも言えます。

 

30歳にの女性が結婚を意識するのは、個人的な価値観だけでなく、

周りの視線、環境の変化、そして自身の体への負担を考えるからなのです。

 

もしあなたの周りに、気になるアラサー女子がいるならば、

このような女性心理を理解してうえで、優しくアプローチしてあげてください。