主人とは、結婚相談所のお見合いで出会ってわずか5か月で婚姻届を提出したと言う、超スピード婚でしたが決してデキちゃった婚ではありません。

私は、20代から30代半まではそれなりにお付き合いをしていた彼氏も何人かいました。結婚を考えたこともあったし、婚約まではしませんでしたが2人の間では結婚を約束した人もいました。

でも、なかなか結婚の話がまとまることもなくて、結局はいつもお付き合いをしても別れてしまうことを繰り返していました。

そして、30代半を過ぎた頃からもしかして私は結婚が出来ないか、もしくは結婚をしないで独りで一生を送った方が良い運命なのかも知れないと思うようになりました。

もう、完全に結婚をしたいと言う気持ちすらすっかり無くなっていました。親戚の人が、私がなかなか結婚しないのであらゆる手を尽くしてくれて、お見合い話を何度か持ち掛けられたこともありました。

でも、とてもそんな気持ちにもなれなくて、何年かが何となく過ぎて行きました。それでも、まだ親戚の人は諦めることなく相変わらずお見合い話をして来てくれました。

あまりにも真剣な親戚のご好意が、何だか段々と申し訳なくなって行き、とりあえずお見合いだけでもしてみようかと少しずつ気持ちが変化して行きました。

それから、親戚の人にお見合いをしたい旨を伝えたら、何と理由は分かりませんでしたが、先方様から断られてしまったようです。

こう言うのって、本当に縁とかタイミングが必要なんだとつくづく感じて、もう自然な流れに任せてみようと肩の力を抜きました。

その後、友達が婚活を一生懸命にしている話を聞いて、結婚相談所は3ヵ所に入会して、婚活パーティーは毎週末参加して、それでもなかなか良い人に出会えないと悩んでいました。

これ程までに積極的に婚活をしても、結婚するのは難しいのかとすごく厳しい現実を突きつけられた気がしました。

でも、やっぱり結婚はご縁なので私はマイペースに活動しようと思い直しました。そして、ある日の新聞の広告記事に結婚相談所の入会案内が載っているのを見ました。

その時、何か私の心の中にひらめきを感じて、この結婚相談所へ興味を持ったので入会に関する説明を聞きに行くことにしました。

アドバイザーの方から、今日と言う日が1番年齢が若いわけで、当たり前のことだけど日に日に年を取ってしまうので、もしも結婚をしたいと考えているならば、女性はどうしても若い方が有利なので1日でも早く婚活を始めることと言われました。

そして、条件の良い男性は早い確率で結婚が決まってしまうので、躊躇していないでとにかく早く入会するようにともアドバイスされました。

私は、この日はただ入会の説明を聞くだけだったのが、アドバイザーの方に後押しをされるように即入会をしてしまいました。

入会をして、3日後位に4人の男性を紹介してもらって、あまり顔は好みではなかったのですが、自分の条件に合いそうだったのでその中の1人とお見合いすることに決めました。

40代にして、人生初めてのお見合いでもう当日は緊張のしまくりで、ドキドキしていました。そして主人と顔を合わせて、少しずつ話して行くうちにこの人と結婚したら私は幸せになりそうだと感じました。

お互い好感触で、次にまた会う約束をしてそれから結婚相談所の決まりである、3ヶ月間限定の交際が始まりました。

この間に、お互い結婚相手として相応しいかを見極めるため、なるべく毎週会うようにして行きました。

先程も言ったように、決して顔や体型は今まで私が付き合って来た人達とは真逆でしたが、一緒にいると何かほっと出来て安心感がありました。

私のことを、とにかく1番に考えてくれて大切にしているのが本当に良く伝わって来た人柄でした。そして、3ヶ月間の交際が終わってお互いに結婚の意思があったので、結婚相談所は退会しました。

それから、お互いの家に挨拶に行き結婚話も順調にまとまって、初めてお見合いをした日から5か月後には婚姻届を提出していました。

今、結婚について思うことは、本当に縁やタイミングが必要で自分だけの意志ではどうにもならないものだと感じています。

だから、自分の直感を大切にマイペースに婚活をするのが1番で、決して諦めないことだと私は思っています。