ナンパする時に大切なのは、何と言っても第一印象です。

もちろん、外見の良さが重要になりますが、服装の良し悪しで失敗している男性が意外と多いと言われています。

ナンパははじめの瞬間が大事で、立ち止まらせて話を聞いてもらえればほぼ成功するとも言われているのです。

それにはダサい格好で声をかけてしまえば、確実に失敗してしまうでしょう。

では、どのような服装が良いのかと悩むところですが、悪い例も考えてみて自分に当てはまっていないかチェックしてみましょう。

 

マジメ系スーツは逆効果!?

まず、NGなのは派手なスーツにとんがった靴などのホストと間違えられるような服装です。

一見スーツだとかっちりしているため、話を聞いてくれそうだと思われますが逆効果です。

ホストと間違えられるか、何かの営業だと勘違いされるのでおすすめできません。

その他個性が強すぎる服装や、サングラスや帽子で顔がよく見えない服装は、警戒心をより強めてしまいかねないのです。

個性が強すぎるとは、例えばアクセサリーやウォレットチェーンなどをジャラジャラつけたような格好や、バンドマンのような革パンや、スタッズがついた革ジャンなどです。

大人しい女の子であれば、逃げ出したくなるのでやめておきましょう。

サングラスや帽子などは目が見えない、顔がよくわからないため恐怖感をあおってしまいます。

もちろん清潔感が感じられない、だらしない格好や汚らしい格好では、全く女性は振り向いてもらえません。

初対面の女性には、何より清潔感が非常に重要なのです。

 

それでは、どんなファッションが良いかというと、シンプルで爽やかなカジュアルファッションが人気です。

清潔感や誠実さを感じさせるのはやっぱり白。

その他水色や淡いグレーなどです。

白いシャツにジーンズ、オシャレな小物など全く気取らないファッションでいながら清潔感のある髪型などであれば、女性の目を引くのは間違いありません。

大人のカラーである紺やブラウンのニットなどもチャラチャラしていなくて好印象です。

若い方であれば、白と青のボーダーのカットソーに紺ジャケットなどの、ど定番の爽やかコーデも人気です。

 

 

また、おしゃれは足元からと言われているように靴は非常に大事なのです。

丸型タイプの革靴やハイカットの革靴、スニーカーなどもオシャレ感が出るのでおすすめです。

 

また髪型も、ロン毛よりも爽やかな短髪の方が女性受けは良いとされています。

髪色も金髪などいかにも遊んでいそうな髪色にせず、ナチュラルな髪型が好印象が持たれますよ!