記念日や誕生日などで女性にプレゼントをする男性は多くいらっしゃいますね。

ただ、迷うのがあげる品物と金額についてです。

女性はもらうプレゼントの金額によって、彼の愛情を図っているとしたら、男性としてはプレゼント選びに大変慎重にならなければいけませんよ。

 

年齢や仕事相応のプレゼントならばあとは気持ち次第?

 

女性の方の中にはもちろん金額なんて考えた事もない、もらえるだけでとても嬉しいと思う方がたくさんいらっしゃいます。

選んだプレゼントにその人なりの選んだ理由やエピソード、自分の好みを理解してくれている部分が垣間見れたら、より一層喜びは増すでしょう。

また、男性の年齢や働いているかなどの環境によって意見が変わるという女性の意見もあります。

社会人でそこそこ給料があるのに、安価なプチプライスなものだと、少し残念な気持ちなるのも女性の本音ではあります。

あと、物にもよるという中々難しい声もあります。

例えば、ジュエリーなど気持ちをダイレクトに形にしたようなプレゼントであれば、安価すぎるものはどんな年齢でもショボいと思われかねませんね!

 

金額?気持ち?男性が知らない女性の本音

女性の中には気持ちが優先という意見と、金額で気持ちを確かめてしまうという意見にちょうど真っ二つに分かれます。

ただ言えることは、思いが金額に比例すると思っているのは男性と女性では、明らかに女性の方が多くいるという事です。

実際に、もらったプレゼントの値段を調べる女性も中にはいます。

去年のプレゼントと比較して、今年のプレゼントが安物であれば、愛情が薄まったのではと考える女性もいるでしょう。

 

そしてこれは男女共にいますが、自分があげたプレゼントの金額との差です。

自分はこれだけお金をかけたのに、もらったのは安物で冷めたという話もあります。

これは金額というよりも、プレゼントに対する気持ちのすれ違いや、価値観の違いなのです。

もらうものはどんな物も嬉しいのは皆さん基本的に思う事でしょう。

しかし、一番嬉しい事はもらったプレゼントから自分自身を理解してくれているのかどうかが分かる事が大切なのではないでしょうか。

好きな色、形、趣味に合っているかなどそこに相応の金額がかかっている事が大事です。

 

女性が本当に喜ぶプレゼントとは?

女性は特に、男性の方が多くお金を支払って欲しいという本音をどこかで持っているものです。

女性が男性へプレゼントされた物より少し上乗せした値段の物で、趣味を分かっているもの、まとめるとこんなプレゼントが一番無難なプレゼントとなります。

男性があげたいものと、女性が欲しいものとでは少し考え方に違いがあるのは確かなようです。