今や探偵業の業務のほとんどが「浮気調査」だと言われています。

その分、浮気調査を専門的に行っている業者も増え、様々な料金設定が選べるようになりました。

しかし、ほとんどの方が「探偵事務所」を利用する経験なんて「初めてのこと」ですよね。

そこで今回は、「浮気調査」にはいったいどのくらいの費用がかかるものなのか、
そして「安く抑える方法はあるのか」をまとめてみたいと思います。

 

 

一般的な費用はどのくらいなの?

実はこれ、探偵事務所によってピンキリなのです。

「2ヶ月で180万かかった」という人もいれば、「5日間の調査で80万だと言われた」なんて人もいます。

しかし、納得いく結果を得るためには「100万くらいかかるもの」だと心得ていた方が無難でしょう。

 

料金の目安とは

なぜそんなに費用がかかるのかというと、浮気調査というのは1人では行うことは到底できませんから、きちんとした探偵事務所ならば少なくとも3人〜5人くらいのチームで調査をすることになります。

そして、費用は1時間で調査員1名あたり1万円、
それに加えて経費(交通費、ガソリンなどの燃料代、飲食代など)が実費で請求されます。

例えば4人チームで1日あたり5時間の調査を10日間行うとすると、
4万×5時間=20万+経費で、
これを10日間行うと200万円以上はかかりますよね。

 

格安料金の探偵事務所もある

最近では1名の調査員で1時間あたり3000円とか、6000円とかのいわゆる「格安料金」を売りにしているところもあります。

しかし、「安かろう悪かろう」で納得いく調査内容が得られなければ意味がありませんよね。

もちろん、「格安料金」をうたっていてもきちんと調査をしてくれるところもありますから、一概に悪いというわけではありません。

まずは、その「探偵業者」に安心して納得のいった上で依頼できるかが大切になりますから、何者かに「いくらくらいかかりそうか」を相談をしてみるところから始めた方がいいでしょう。

電話対応がザツだったり、アポの電話に印鑑を持ってくるよう指示したり、契約してもいないのに「契約しないとキャンセル料がかかる」なんて言うところはやめた方がいいですよ!

 

イレギュラーな経費がかかることも

例えば、調査中に旦那さんが突然新幹線や飛行機に乗ってしまうということもあります。

この場合、浮気相手と合流した上でそのような行動に出れば確実に証拠能力がありますが、
現地合流する場合もあるので追いかけてみないと分からないというケースもあるのです。

追いかけた挙句に空振りだった場合には経費だけが高くついてしまいますから、イレギュラーな経費がかかることも予想して、料金には余裕を持っておいた方がいいですよ。

 

 

浮気調査を安く済ませる方法はあるの?

安く済ませるためには、「旦那さんの情報がたくさんあること」が大切です。

浮気をしているであろう怪しい時間帯や曜日、通勤コースや行動範囲、趣味、立ち寄りそうなところ、友人関係など、
あらゆる情報があればあるほど調査がピンポイントで短期間に行える可能性があるので、その分経費が安く済むのです。

もちろん、浮気相手の予想がついているのであればその相手の情報もあった方がいいですよ。

旦那さんの日々の行動を観察し、帰宅時間などをメモしたり、飲み会などの開催頻度や、出張、休日出勤がどのくらいあるかなどを把握しておしましょう。

そういった旦那さんの「観察日記」があるかないかでは、調査のしやすさが違ってきますよ。

また、事前に旦那さんの携帯をチェックしていて「絶対にこの日に浮気している!」という確証があるのであれば、その日のみをピンポイントで1日調査の依頼をすることも事務所によっては可能ですので相談してみるといいでしょう。

 

最近の探偵事務所は満足度は高い場合が多い

きちんとした探偵事務所に依頼した人の浮気調査の満足度は高いです。

費用はかかったけれど、浮気相手からの慰謝料と、旦那さんからの慰謝料で清算できたという人もいます。

しかし、慰謝料はかならずしも一括払いで払われるわけではないので、そこをあてにはせずにきちんと費用を用意してから依頼することをお勧めします。

慰謝料を請求するには証拠は欠かせません。

証拠の量や質によって慰謝料の金額が左右されることもありますから、探偵事務所に調査を依頼することは、証拠を集める上では役立つと思いますよ!

まずは信頼できる探偵事務所を見つけることから始めてみてはいかがでしょうか。